肌に優しいリキッドファンデーション選びで避ける成分


肌に優しいリキッドファンデーションを選び際に避けるべき成分としては

  • 「石油系合成界面活性剤」
  • 「石油系防腐剤」「合成着色料」
  • 「石油系合成香料」
  • 「合成ポリマー」
  • 「紫外線吸収剤」
  • 「シリコン」
  • 「タール色素」
  • 「オキシ塩化ビスマス」
があり、以下それぞれの成分を説明します。

 

石油系合成界面活性剤とは

石油由来の原料が使われている合成界面活性剤で、これに対して天然系の原料でつくられている合成界面活性剤もあります。界面活性剤の役割は本来混ざりにくい水と油が混ざるようにすることですが、石油系合成界面活性剤は天然系の合成界面活性剤とは違い、肌の皮脂腺を溶かし、肌のバリア機能を破壊してしまいます。

石油系防腐剤とは

パラベンやフェノキシエタールなどの石油系の防腐剤で、ファンデーションには少ししか含まれていませんが、微量であってもホルモンバランスを崩す可能性が指摘されています。
鉱物油とは
石油を精製し不純物を取り除いたもので敏感肌の方は刺激を感じる場合があります。

合成着色料とは

赤色○号とか青色○号とか記載されている化学的に合成されてつくられた着色料で、旧厚生省が表示指定成分に指定したものでもあり、肌にアレルギー反応を生じさせる可能性があります。

石油系合成香料とは


石油由来の合成香料で、鼻から人体に吸収されるとホルモンバランスを崩すと言われています。

合成ポリマーとは


化学的に合成された高分子化合物で、プラスチックやナイロン、ポリエステルなども合成ポリマーと言われており、高い粘性をもったものですが、毛穴を詰まらせて自然な皮膚呼吸を妨げます。紫

外線吸収剤とは


化学反応によって紫外線を吸収する物質で、紫外線の防御はできますが、紫外線吸収剤そのものが肌に負担をかける心配があります。

シリコンとは

合成高分子化合物で、化粧の伸びが良くなる利点がありますが、重たくもなり、肌に負担がかかります。

タール色素とは

石炭タール系の原料から作られる合成着色料で鮮やかな発色を伴いますが、皮膚への刺激が強く発がん性も指摘されています。

オキシ塩化ビスマスとは

鉛と銅の生成過程で出来る副産物で、白色〜微黄灰色の真珠光沢顔料です。独特の光沢でその付着性がメリットとしてありますが、肌の毛穴を詰まらせてニキビの原因になると指摘されています。

 

肌に優しいリキッドファンデーションを選ぶ際はなるべく天然由来の成分を使用しているリキッドファンデーションを選びましょう。

 

人工的に合成された成分は肌に負担がかかるのでリキッドファンデーションを選ぶ際、注意が必要です。